original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

栗杢茶箱|佃 眞吾

110,000円

送料についてはこちら

出しっぱなしの道具 をとっておきの箱に、 宝物のようにつめる という所作に人間の 美しさを感じます。 佃さんの栗杢茶箱は その杢目の景色もさる ことながら、ぴたりと 閉まる蓋の気持ちよさ。 蓋をあけると中蓋も あって、匙を入れたり 小さなトレイにしたり 使い勝手も粋な茶箱。 中に何をいれるかは、 人の数だけ正解があって お茶道具以外を入れても 箱は手に馴染んでくれます。 ■栗杢茶箱 □サイズ: 外寸|縦12.5×横17.5×高11cm 内寸|縦11.3×横16.3×高8cm 内蓋|縦11×横16×高1.5cm □素 材:栗 □重 量:358g 佃眞吾 Shingo Tsukuda <プロフィール> 1967 滋賀県長浜市生まれ 1991 木工所に就職、家具職人の修行につく 1992 故黒田乾吉先生を知り木工塾に学ぶ 1995 井口木工所に就職、京指物の職人修行につく 2004 木工藝 佃として工房を構え独立する 2005 国画会工芸部 国展に初入選、以来現在会員 2007 国展 国画賞受賞    木工職人のかたわら作家活動をはじめる 2011 大山崎山荘美術館かんさいいすなうに出品    鹿ヶ谷山荘にて五人展 2013 春日大社式年道具木地作製に携わる 2018 興福寺中金堂落慶式の献茶道具の製作に携わる

セール中のアイテム